「Japan」Land of the KIMONO


京都は、江戸時代より書物の出版が盛んであったことはご存じだと思います。明治の中頃に、審美書院の前身である「日本仏教真美協会」が京都・南禅寺近くで誕生しました。今の芸艸堂の前身である「本田雲錦堂」が生まれたのもその頃です。当時、京都には浮世絵時代を凌ぐ一流の彫師と摺師がいたことにより、芸術的と言える位の美術書が多く出版されました。さらに万国博覧会や内国勧業博覧会などへの参加によって、広く大系的な図案集が出版されるようになります。絵師や図案家たちは、西洋の影響を受けつつも繊細な木版画の美術書に触れることとなります。こうした図案家たちと美術書の出会いは、素朴で繊細な「きもの」が誕生した要因の一つであると考えています。
『きものノ国「日本」』は、江戸期以前の印度や中国の影響から、日本的とも考えられる鎖国時代を経て、急激な西洋化、敗戦後のアメリカの影響を受けた「きるもの」へと変化してゆく流れが見えるような出版物や資料を掲載しました。どうぞご覧いただき、目に止まる資料がございましたら一冊なりともご注文いただけましたら幸甚に存じます。
(2020年1月発行『きものノ国「日本」』より) 
A4版100ページ カラー図版77点 本文1,000点のきものノ専門カタログです。
(只今継続して翻訳編集中です英文翻訳入完全版完成は、3月末頃の予定です。)
頒価500円

十三妹挿絵集 

武田泰淳作 芹沢圭介自選挿絵集五十図 限定180部 昭和42年 漆箱入 極美本 180,000円

うないの友 全10冊

うないの友  全10冊 芸艸堂 明治24年 (1891)
彩色木版摺による玩具集。清水晴風が6編まで刊行。彼の死後、画家・西沢笛畝が継ぎ完結。近世玩具研究の貴重な資料。

Unai no Tomo      Shimizu, Seifu
Complete 10 vols set.  Japanese folk toy collection.  Woodblock printed in color.     printed 1891.           sold