SumioYamazaki BookArt & Publication

 


“River between life and death”  (H2O)
sumioyamazaki 11/2019
(You can see this book in October 2020 at Laterna Magica)


JOURNEY OF MY MIND  (H2O)
SumioYamazaki 9/2019

自然は美しくも厳しいもの、そして儚くも雄々しいもの。
何処にいてもいつもそのことを感じていたい。
初めての土地の景色も、見慣れた景色も、ただの入口にすぎない。
自然と調和できるまで、ただ静かにじっと見ていたい。
Nature is beautiful but harsh, and ephemeral but valiant.
No matter when and where I am, I want to understand it.
The scenery I see the first time or not, which is just entrance for me.
I still wait and see nature to live in harmony with them.


KAISANEMEN KASVITIETEELLINEN PUUTARHAELOKUUSSA
8/2019 SumioYamazaki

ヘルシンキ大学付属植物園が、市の東側にあります。そこまでのエントランスにある街路樹が、表紙の「レッツア・レフムス」です。種子が、ヘリコプターの様に回転して風に乗って「空の旅」をするのです。
植物園入口すぐの所に「ヤロケッロ」がありました。日本の桔梗です。遠い昔、大航海時代の頃、日本から陸路ではなく喜望峰を回って海路で北欧のこの地までやって来たそうです。その時フィンランド はまだ在りません。「ヤロケッロ」は、海と陸のとても長い旅をして今フィンランドのこの植物園にやって来たのです。
この図鑑で、様々な「植物の旅」も空想していただけると幸いです。
Kaisaniemi Botanical Garden is on the east side of Helsinki. “Metsalefmus” which are on the cover of this book are planted on the street to the entrance of garden. The seed rotates and travel the sky.
And I found “Jalokello” next to the entrance. This plants are called “Kikyo” in Japanese. In the age of Discovery, it came from Japan to that site through the Cape of Good Hope. It was kind of a long long journey. I hope you will imagine the journey of many kind of plants with this book.